谷藤賢一の「学びは生きる力」

プログラミング歴40年以上、子ども社会塾で小中高生に「生きる力」を教えている谷藤賢一が、「学び」のお得な力を大人に向けて発信します。

努力ゼロで、脳をフル回転させる方法

努力もなしで脳をフル回転させる方法なんてあるのでしょうか?脳のお得な機能の使い方をお伝えします。

努力ゼロで、脳をフル回転させる!?

「そんなうまい話、あるワケないでしょ!」

あるんですよ。

脳科学で分かってきたのです。

大した努力もしないでアイデアを出す方法があります。

それは、脳をフル回転させることです。

「だから、疲れるからイヤなんですよ・・・」

なるほど。

脳をフル回転させる方法が間違っているだけかもしれませんよ。

デフォルトモードネットワークとは?

何もしない。
これだけで脳はフル回転を始めます。
「そんなわけないでしょ?」

いえ、ボ~っとすると脳がフル回転モードになるのです。

リラックスしているつもりなのに、脳はフル回転でまとめ作業をやってくれます。

勝手にやってくれます。

「そんなの聞いたことないです!」

聞いたことがないから、知ることが大切なのです。

これは数年前から注目されているデフォルトモードネットワークと呼ばれる脳の機能なのです。

NHKスペシャルで紹介されたことも話題になりました。

ボ~っとしている間に、脳はフル回転し、

それまでにインプットした情報を、整理整頓してくれるのです。

その結果としてポンッとアイデアが出てくるらしいですよ。

「それは楽そうだけど、ボ~っとすることに慣れてないな~」 という人にはボ~とすることが努力かも知れませんね。

楽して脳をフル回転させる方法はこれだ!

それでは、デフォルトモードネットワークを利用して、楽して脳をフル回転させて、

アイデアをひねり出す方法をお教えしましょう。

これは脳科学ですでに解明されている方法です。

1.タネとなる知識をどんどん頭に入れる。

WEBで調べる、人に聞く、本を読む、資料に目を通す、など、どんどんタネとなる情報を頭に入れる。

2.ボ~っとする。

何も考えない時間を作る。

以上です。

これだけで脳がフル回転し、インプットした情報が整理されて、アイデアとなって飛び出します。

これだけでいいならやってみる価値ありですね。

無料キッカケ知メルマガ登録フォーム

  1. 1
    入力
  2. 2
    確認
  3. 3
    完了
必須 お名前
必須 メールアドレス
予期しない問題が発生しました。後でもう一度やり直すか、他の方法で管理者に連絡してください。

この記事を書いた人

谷藤賢一

谷藤 賢一

システムエンジニア、国家資格キャリアコンサルタント、株式会社C60代表取締役、大人社会塾・子ども社会塾塾長。
2015年につくば市の辺境に移住し、畑、薪割り、DIY生活を始める。
著作「いきなりはじめるPHP」「気づけばプロ並みPHP」「ロボット・プログラミング大作戦」他。

  • いきなりはじめるPHP
  • 気づけばプロ並みPHP
  • ロボットプログラミング大作戦
  • ペヤングソースやきそばで学ぶ問題解決能力